女性

審美歯科やホワイトニング治療でゲットTHE美健歯!

歯科の歴史

歯科医師の歴史について

白い歯

今ではどこでもすぐに診てくれる歯科医院。しかし、いつから人の歯を診たり治療をするようになったのか。歯科医師の歴史についてご紹介します。歯科医師は明治維新以前に専業とする医者がいて、口、喉、歯の治療を行っていました。その頃は口中科と呼ばれていましたが、明治7年に学者や医者が誕生してその際に歯科を専攻する医師が誕生したことで歯科医師が誕生しました。日本人でも、あまりいなかったため当時は今ほど歯医者で診てもらうということがありませんでしたので、有名ではありませんでした。それから、歯医者とその他医師の独立が認められて専門的な治療ができるように専門医院が出来上がったと言われています。その間、人々が食べているものもだんだんと今のように柔らかいものが増えていったことで歯医者が出来たのだと言われています。

検診の今後の取り組み

これまで、歯と口の健康が体内全体の健康状態や生活の質に大きくつながることから、平成23年に歯科口咽に対する法律が定められました。人間の80歳までに20本の自分の歯を維持させる「8020実現」を政府は目指しています。その調査によると、全体的におよそ80%、年齢別にはおよそ30代の人々から中度から重度の歯周炎を急増して確認されています。このことでは、成人病の一つとしても問題とされています。また、妊婦に対しても調査の結果、安定期に入る前の妊婦で歯周病を放置しておくことで早産の可能性が十分に高いことが発見されています。このことから、今後子供から大人へ変化する人々のために国は研究をし続けていますが一つの起こりやすくなる問題としては、定期健診を怠っていることが事実です。高額な費用の問題よりも、自分自身の歯を大切にしていないという認識から歯周病が増加していると証明されています。そこで、早期発見のために歯科検診を実施する取り組みが行われています。